【レビュー】ザ・ワンパインターエクストリーム まりか 126人168発 ④

ミルキーキャットザーメンセックス, ザーメン逆流

6人168発
撮影前フェラ1発、連続口内発射90発、開口器口内25発、腐ったザーメン約40発、絡み1発オールゴックン逆流イラマチオ

「日本のAV女優として、ミルキーキャットの大量ゴックンをやらないで海外デビューをするわけにはいきません。 最大量のジョッキ満杯の精液を飲ませて下さい」 まりかの覚悟に対して本当にジョッキ満杯の精液が集まった。 悪臭とえづきでまりかは限界を超え強精フェラで逆噴射の末昇天していく! まりかの夢がかないました・・・

購入はこちらから

内容紹介

ジョッキザーメン一気飲み

ジョッキには164発のザーメンが注がれ、ずっしりとした重量感を放っています。

それを重そうに持つまりか。いよいよ本作のメインの部分が始まります。

 

まずは最初の一口目。じっと目を閉じて、ザーメンを味わうようにゆっくりと飲むまりか。

そっとジョッキから口を離して「初めての味。お父さんの味がする。」と一言。

 

さらに一口、二口とジョッキに口をつけるまりか。

まだ余裕があるのか、喉を「ゴクリ」と鳴らしてザーメンを飲んでいきます。

しかし、飲んだ量はまだ全体の一割ほどにすぎません。

残りのザーメン量を確認して、「まだこんなにある…」と苦笑い。

 

ここからはペースが落ち始めて、チマチマと一口飲んでは残りの量を確認するまりか。

徐々に気持ち悪くなってきたのか、反射的に吐きそうな様子を見せます。

 

飲み始めてから3分ほどでジョッキの2割のザーメンを飲み干すまりか。

「口の中が男の匂いですごい」と笑顔でカメラに向かって話します。

 

これまでチマチマと飲んでいましたが、ここで監督から一気に飲むように指示が出ます。

手や唇をプルプルと震わせながらも、一口あたりに飲む量が大きく増え、ジョッキ半分のザーメンを飲み切ります。

 

いよいよ終盤戦に突入です。

チビチビ飲んだり、余裕が出たらある程度の量を一気に飲んだりして、着実にザーメンの量を減らしていきます。

いよいよ残りのザーメンはジョッキ2割ほどになりました。

 

最後はさすがに限界が近いようで、一口飲んではジョッキから口を離して、カメラを見つめ直すまりか。

そして、ついにジョッキに溜まった164発のザーメンを完飲しました。

 

ザーメン逆流

無事にザーメンを完飲でき、安心したのか笑顔を見せるまりか。

「苦しいけど、みんなのザーメン飲めて幸せです」と感謝を伝えます。

 

しかし、まだ終わっていません。

ご褒美と称して、ビンビンにチンポを勃起させた男優が登場。

戸惑いながらも、恐る恐るチンポのフェラを始めます。

 

チンポを咥えた瞬間に根元まで押し込まれるまりか。

耐えられなくなり、飲み干したばかりのザーメンを吐き出してしまいます。

 

さらに寝転がり、その体勢のまま喉の奥までチンポを突っ込まれるまりか。

再びザーメンを吐き出すまりか。今度は口から噴水のようにザーメンが溢れます。

 

驚きながらも、放心状態のまりか。

もう何も考えられないのか、じっとカメラを見つめてボーとした様子が続きます。

 

ザーメンセックス

ザーメンを嘔吐して、放心状態のまりかですが、再び男優がやってきて、バックの体勢でセックスを開始。

大量ぶっかけ、ごっくん、嘔吐とここまでの撮影が過酷すぎたようで、一切の余裕が無い表情のまりか。

男優が腰を振るたびに反射的に出るまりかの声が響き渡ります。

 

さらに正常位に体勢をチェンジしてセックスを続行。

セックス中に男優がまりかの口に指を入れて、さらにザーメンを嘔吐させます。

さらに、吐き出しザーメンを全身に塗りたくられ、ザーメンまみれになるまりか。

 

最後は顔にぶっかけてフィニッシュ。

過酷すぎる撮影がついに終了しました。

購入はこちらから

「ワンパインター」シリーズ

「ワンパインター」シリーズの詳細・おすすめ作品は、下記の記事で解説しているので、ぜひそちらも参考にしてください。

どれがオススメ? ミルキーキャット「ワンパインター」シリーズを徹底比較